NEW MODEL

こだわり続けた結果、 
 
既に構想から2年以上の時が流れていました。
 
気がついたら、ベンツの電子キーは新しくなっていました。 
 


2007年はこれまで問い合わせを頂いておりました。 
 
現行のベンツ電子キー専用のモデルを提供させて頂きます。





近況報告:

現在開発中のKEYSE NEW MODEL。

製作にあたっては、 
実際に車を手に入れるところから入りたいと思い。
昨年12月にCLS−CLASS AMG SPORTS EDITIONを購入しました。

新しいベンツ電子キーを受け取り、そのメタル部分の感触で
旧モデル以上にKEYSEの必要性を感じました。
キズがつかないように、、、。

そしてデザイン開発について、

今回は、靴のオーダーメイドを意識して、
電子キーモデルの製作から入ることにしました。



この型はKEYSE製作に使用している豆鉋(MAME KANNA)を頂いた
木型職人に作って頂きました。





近況報告2:

3月リリース予定でしたが、
KEYSE NEW MODEL(KEYSE NM)は完成させることはできませんでした。 
お待ち頂いている方にはご迷惑をお掛けしており、大変申し訳ございません。

現在デザインイメージは確定し、2月末には試作品が完成したのですが、 
自分で使用して判明したことがありました。

KEYSE NMをシリンダーに挿入、
走行中にハンドルを回すとKEYSE NMがハンドルに当たってしまう。
 
またBASIC TYPEでW203の車種に関しても同様のことが起こることが判明しました。

以前ベンツ電子キーを他のキーと一緒にキーホルダーに付けて
ベンツ電子キーを使用した結果、その重みにより走行中にACCがOFFとなり
エンジンが止まってしまうという現象を聞いた事があります。

KEYSE NMがハンドルに当たることにより、同様の現象が発生してしまうのでは...

ただ、今のデザインはとても気に入っているので、
大幅な変更は絶対にしたくないという思いがありました。

そして3月、

若干のデザイン修正を行いながら、最適な厚みを考え、 

ようやくできたのがこちらの試作品。 



現在試験的に使用しております。 
  3000kmを走行しました。 

    いい感じでハンドルが切れます。

     いい感じで持ち歩いています。

       現在、いろいろな革を取り寄せ最適なものを選定中です。
 

なお、以前リクエストを頂いておりましたコードバン革は 
既に製作リストに入れさせて頂きました。
 
納得できる作品が完成するまで、もうしばらくお待ち下さい。



近況報告3:

試作品を制作。

しかし、商品化できるレベルには至りませんでした。

その後、約1ヶ月間海外にいました。

ドイツにも行き、アウトバーンを走っていました。

そして帰国。

そして気分を切り替え再トライ。

NEW MODELの第一弾はやはりコードバン。 


コードバンを仕入れ、何個も制作しました。

必ず良い作品ができると思っていました。

しかし、納得のできる作品はできませんでした。
 

エッジ処理にこだわりすぎているせいなのか。

リリース前にベンツキーはまたリニューアルしてしまうのか。

どうしてもこだわりたい...

NEW MODELを心待ちにして頂いている方には大変申し訳ありません。
KEYSE NEW MODELは未完のままです...。



△ページトップへ