こだわり

 


すべてが完全オリジナルハンドメイドです。
 
 

【デザイン】 
 
機能性、使いやすさ、シンプルさ、ホックの数
すべてを追求し、何度も作り、使い込み、作り直し、
この作業を納得行くまで繰り返しました。
そして半年後。
完成したのがこのデザイン。 
製作当初は型紙を使って、レザークラフト専用ペンで革に下書きをし、
カッティングを行っていました。
そして、ステンレス定規等を使いながらカッティングを行っていました。
しかし、わずかなズレが生じ何度も切り直していました。
手作りであってもデザインパターンだけは一定に保ちたい。
そんなこだわりから、金型工場へ行き型紙を機械で読み取って
レーザー加工によるステンレス製の型を製作してもらいました。
そして、皮革一枚をこの型で押さえ刃物で切り取っていきます。
そんなこだわりを持っていたからこそ、意匠も取得しました。




【ネジ】

あらゆるネジのカタログを取り寄せ、購入し、いろいろと試しました。
最終的に行き着いたのがアルバム用の組ねじ。
レザークラフトでも使われることがあることも判明。
ただ、何となく自分が求めているものとは違う。
結局、ねじ工場を探しました。
見つかったのは名古屋市内にある小さなねじ工場。
工場の社長と出会い、
無理をお願いして作ってもらいました。
雄ねじ、雌ねじ一つ一つを手動での機械加工による製作です。




【素材】

いろいろな革で作り込み、使い込んでいった結果
最も大切なのは厚みであることがわかりました。
2.5〜3mmの厚みがもっとも手に良くなじむ。
しっくりくることがわかりました。
素材を貼り合わせる場合もあります。
ただし、この規定の厚みになるように仕上げます。
厚みにこだわることから、表地として使うような素材を裏地に使うという
贅沢をしてしまうこともあります。


【仕立て】

素材によっても変わりますが、
仕立ては20〜30工程に及ぶ特殊な処理を行っています。
当然裏面についても丁寧に処理してありますが、
もっともこだわったのは裁断したエッジ部分。
裁断面のエッジは何もしないと毛羽立ってくる。見た目も美しくない。
職人達から学んだ技法を守りつつ、
自分が試した中での最良の方法を組み合わせ、
さらにアレンジして完成させた技法です。
まずはサンドペーパー、ハサミ、カッター等で整え、
木型職人から譲り受けた30年以上使い込んだ豆鉋(驚くほどの切れ味)
で面取りしながら丸みを出していきます。
そして染料を塗って黒に染めていきます。
(なお、染料には墨を使用しております。皮革専用の染料、水性、油性いろいろ
と試しましたが、水性のものが変色もなく、皮革によく浸透しました。
いろいろと試して、使ってみて、最もなじんだ、最良なものが今使ってる墨です。)
そして専用糊で磨いていきます。
丁寧に磨くことで更に丸みを出していきます。
蝋ワックスを火であぶり、透明な液体になったところで
エッジ部分に溶かし込み裁断面の奥に染み込ませていきます。
そしてまた磨きます。
これらの処理を何度も繰り返します。納得が行くまで繰り返します。
そしてさらに繰り返していきます。
最後に墨と特殊な水性ボンドを混ぜ合わせエッジをコーティングします。
エッジの光沢感はこれらの配分量で調整します。
いろいろなエッジ処理の方法を調べましたが、
通常コストが掛かりすぎてここまで手間を掛けて、
エッジにこだわってやっていませんでした。




【ネーミング】

ここまでこだわったのはただのキーケースじゃないから。
それだけの手間と時間、そして、こだわりを持って作ったから。
だから名前にもこだわりたい。
そんな思いで試作品を持ち歩き、ずっと考えていました。
キーホルダーでもない。キーケースでもない。
もっとシンプルなもの。
もう数え切れないくらいリストアップしました。
考え始めてから3ヶ月後の朝、
突然妻の口から出てきた。
“KEYSE(キース)がいいんじゃない。”
商標も取得しました。
ベンツユーザーに向けた新マストアイテム
すべては自分自身へのこだわりから始まった
メルセデスベンツ専用オリジナルハンドメイドレザークラフト

キーホルダーじゃない。

キーケースでもない。

KEYSE(キース)と呼んで下さい。 




たまらない一体感を味わって下さい。



【作品紹介】 
 

【KEYSE TAKUMI モデル】 
 


  (カラー:ブラック/コードバン革)
 

【KEYSE TAKUMI 特殊加工モデル】



  (カラー:レッド/シルバー/ピッグスキン)
 

【KEYSE TAKUMIモデル&HIBIWARE TYPE】



(カラー:ブラック/左上:カメ革 右:ポニー革/左下:ヘビ革 裏地はすべて牛革)>
 

【意匠権】 商品デザイン及びこれに類似する形状については意匠権により保護されます。
(登録第1266744号)


Produced by KEYSE PROJECT


△ページトップへ